自分に自信をつけるためには自分を大切にする

自分に自信がない

自分に自信がもてない

自分にもっと自信をつけたい

と思う人は

 

今まで自分のことより

他人を優先に生きてきたんですね。

 

それは、やさしさでもあり

平和を求めていたからかもしれませんね。

 

職場では、

周りの意見に従ってきて、自分は本当は違う意見なのに

言えなかったり、

 

上司からは同意を求められ、渋々賛成しても

モヤモヤとした気持ちを引きずってしまう

というふうになっていませんか?

 

実は私も同じような経験があります。

 

職場で、意見を言っても却下されたり

先輩(上司)が間違っていても

面と向かって反対意見を言えなかったり

「大きいものには巻かれろ」的なことが

ありました。

 

でも、そんな時は、なぜか胸の中がモヤモヤして

心が晴れなかったのを覚えています。

 

そんな私は

親の言うとおりに生きてきて

周囲の顔色を見て育ってきたところが

ありました。

 

普段の生活でも自分がガマンすれば済むことなら

笑顔でガマンしていました。

 

「私ってなんでこうなんだろう」と

自己嫌悪に陥ったりもしましたが

 

親元を離れて自分のやりたいことを

やり始めた時から変わってきたんです。

 

自分の気持に素直になることで

自分を大切にできたのだと思います。

 

あなたもこれからは、他人よりも自分を大切に

しませんか?

 

じゃあどうやって自分を大切にしたらいいのでしょうか?

 

まず、自分のやりたいことを始めてみること。

 

例えば、

・気になっていた教室に通ってみる。(歌、ダンス、英会話など)

(敷居が高い場合は体験だけでもOk。)

・着てみたい洋服を試着してみる。

(買わなくてもいいんです。)

・見たい映画を見に行く。

(レンタルでもOK)

 

自分を大切にするということは

自分のありのままの気持ちを大切にするということです。

 

一人の時間を持ってじっくり考えてみてください。

「自分のやりたいことは何?」

自分の心に聞いてみてください。

 

答えが見つかったら

それにチャレンジしてみてくださいね。

 

いくら考えても自分のやりたいことがわからない。

という場合は、

 

今日は何が食べたい?

そこからで大丈夫ですよ。

 

自分の心に素直になることが大切ですから。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

コメント