知らないと損!残念な初詣の参り方

自分に自信がない

2020年も幕をあけました。

新しい年を迎えて初詣に行かれる方は

多いですね。

 

一年の初めに神社にお参りして

家内安全や健康を祈願しますね。

 

神社にお参りすると

なんだか気持ちがスッキリしませんか?

 

それだけ神社の中は神聖な場所なのです。

 

初詣に行く時に気をつけたいこと

1、正面の鳥居を必ずくぐること。

大きな神社だと正面の鳥居とは別に

入り口がたくさんあります。

 

遠回りでも鳥居はくぐりましょう。

 

正面の鳥居はちょっと距離があるし

裏門が近いからといって入らないこと。

 

鳥居をくぐることで

身体や気持ちを清めるという意味があるそうです。

 

くぐる前には一例するといいですね。

 

そして、手水などをして心身を清めましょう。

 

参拝の仕方はそれぞれのやり方がありますので

割愛いたします。

 

 

2,お賽銭は投げるように入れない

参拝客が多くて、賽銭箱に近づけない、

投げないと入れられないという場合は別ですが

お賽銭はやさしく賽銭箱に入れましょう。

 

神様に対して感謝と尊敬の気持ちで

賽銭箱にそっと入れましょう。

 

私はつい最近までこれらを知らずに行っていました。

 

神社に行くと鳥居よりも近い入り口を

見つけるとそこから入ったり

 

賽銭箱にはポーーンと

お賽銭を投げ入れていました。

 

このことを知ってからは

必ず実行しています。

前よりも心が晴れやかになるから

不思議ですね。

 

あなたも初詣に行かれる際は

参考にしてみてください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました